添加物一覧表

無添加生活をしたくても、今の時代なかなか簡単には出来ませんよね。

そこで添加物一覧表を作ってみました。

危険度を★の数で表しています。(個人の感想です)

商品を購入する際のお手伝いになれば幸いです。

◆食品添加物・危険指数◆

 安全性の高いもの

本来食品に含まれている成分を真似て作った合成添加物で安全性の高いもの。または食べ物から抽出された天然添加物で安全性が心配ないと考えられるもの。

★★ それほど気にしなくてよいが、避けられれば避けた方がよいもの

毒性は低いとされるが、本来の食べ物の中に含まれない合成添加物。または食べ物に含まれているものを真似て作った合成添加物であるが、大量に摂取した場合、 毒性があらわれることがあるもの。また食べ物以外から抽出された天然添加物だが、危険性は少ないと考えられるもの。また食べ物から抽出された天然添加物であるが、安全とは言い切れないもの。

★★★ できれば避けた方がよいもの

毒性が強いとは言えないが、長期間摂取し続けた場合、障害が出ないとは言えないもの。また自然界に存在しない合成添加物。また食べ物から抽出された天然添加物で安全とはいえないもの。

★★★★ できるだけ避けるべきもの

発がん性や催奇形性が疑わしいもの。または急性毒性や慢性毒性が強いもの。またはカビや細菌の増殖を抑える合成保存料。

★★★★★ 極力避けるべきもの

発がん性や催奇形性が確認されているもの(厚生労働省が最終食品の完成前に除去することを定めているものもあるが、完全に除去されない場合もあるのでそれも 含めた)。または食品中や人間の体の中で発がん物質に変化することが確認されているもの。または急性毒性や慢性毒性が非常に強いもの。

【あ】

 ・アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物

甘味料参照

・アセスルファムK

甘味料参照

・アナトー色素

着色料参照

・甘草

甘味料参照

・アラビアガム

増粘剤参照

・アルギン酸Na  

​もともと海藻などに含まれる粘性物質で、アルギン酸NaはそれにNaを結合させたもの。動物を使った実験は、毒性はほとんど認められていない。

・安息香酸

保存料参照

・安息香酸Na

保存料参照

安定剤  ★★★★(使用されている物質によってことなる)

食品を接着し形が崩れないようにするためのもの。ピロリン酸ナトリウム、ポリリン酸ナトリウムなどが用いられる。一括表示のためどのような物質が使われているのかわからない。

 安定剤(ペクチン) 

サトウダイコン、ヒマワリ、リンゴなどより熱水または酸性水溶液で抽出したものよりえられたもの。あるいはこれをアルカリ性水溶液または酵素で分解したもので得られたもの。成分は多糖類。毒性はほとんどない。

・アントシアニン

着色料参照

【い】

イソロイシン  

栄養強化剤。必須アミノ酸のひとつ。

 イノシトール  

栄養強化剤。ビタミン様物質。

【う】

・ウコン色素

着色料参照

 

【え】

 L-アルギニン  

生体タンパク質を構成するアミノ酸の一種。成長ホルモンの分泌促進や、筋肉骨格の強化などの効果が期待されるが摂取量に注意。

 L-カルニチン  

主に医薬品として使用される。生体の脂質代謝に関与するビタミン様物質でアミノ酸から生合成される。

 L-酒石酸塩  ★★

酸味料。消化されない物質。もともと食品の中に存在するため安全性に問題はないが、化学合成された純粋なものを一度に大量に摂取した際に人体に及ぼす影響が不明な点がある。

・塩化K  ★★

天然のカリ岩塩として塩化Naや塩化Mgとともに混じっている。人間が大量に摂取すると、消化器を刺激し、嘔吐、血圧上昇、不整脈などを起こす。一般に人間が1日に25g以上摂取すると中毒症状があらわれ、もっと少なくても下痢を起こすとされる。

・塩化Mg  ★★

もともと海水に含まれる成分で豆腐を凝固させるために使用されている。安全性には問題ない。


【お】

【か】

・加工デンプン  ★★

デンプンがベースに作られてはいるが、化学的な処理が行われているため別の物質になっている。その点では本来のデンプンと同様に安全かどうかはわからない。

・カゼインNa  ★★★

乳たんぱくが主原料のため乳にアレルギーがある人は注意。水によく溶けるため、カゼインより利用範囲が広い。動物の口から一定量与えると中毒を起こして死亡する例がある。Naが毒性を強めていると考えられる。

・カフェイン  ★★

珈 琲豆や茶葉に含まれるアルカノイドの一種。アルカノイドは人間に対して強い生理作用を持っていて他にはコカインやモルヒネなどの麻薬やタバコに含まれるニ コチンなどが知られる。カフェインはアルカノイドの中でも作用が穏やかなほうだが、それでも大脳に作用して感覚や神経機能を敏感にし、眠気を覚ます働きが ある。また血管を収縮されたり、尿意をもよおさせたり、胃酸を分泌

させる働きがある。体が十分に発達していない子どもに与えるときは注意が必要である。

・ガムベース  ★★

チュー インガムの基材となるもの。天然と合成がある。酢酸ビニル樹脂は、原料となる酢酸ビニルを結合させて樹脂状にしたもの。しかし酢酸ビニルは動物実験で発が ん性があることが明らかとなっている。酢酸ビニル樹脂は接着剤としても使われている。こうしたものを添加物として認めてよいか疑問が残る。すべて一括表記 のため、なにが使われているかはわからない。

・カラメル色素

着色料参照

・カロチノイド色素

着色料参照

・かんすい  ★★

ラーメンなどの麺に風味や色合いを出すために使われる。化学物質を何品か組み合わせて作られているが、何品目使っても一括表示で良いためなにが使われているかわからない。

甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)  ★★★

ア スパルテームはアミノ酸のアスパラギン酸とフェニルアラニン、それとメチルアルコールから作られる。砂糖の180~220倍の甘味をもつ。フェニールケト ン尿症の因子を持つ妊婦や新生児が摂ると脳に障害が起きる。頭痛、めまい、幻覚などの原因となるとも言われている。フェニールケトン尿症になるのは日本で は1万5000人に1人と言われているが、遺伝子の片方がフェニールケトン尿症と同じ異常を持つ保因者は60人に1人と言われている。

 甘味料(アセスルファムK)  ★★★

2000年に認可された新しい添加物。砂糖の200倍の甘さがある。非常に分解されにくい物質で、動物実験ではほとんどが尿や便から排泄される。

 甘味料(甘草)  ★★★

マメ科のカンゾウから抽出した甘味成分。主成分はグリチルリン酸。甘草は漢方としても広く利用されている。

 甘味料(キシロオリゴ糖)  ★★★

キシランを原料とする。難消化性のオリゴ糖。砂糖より甘さが少ない。動物にキシロオリゴ糖を多く含む餌を食べさせると白内障が起こることが知られている。

 甘味料(スクラロース)  ★★★

2002年 に認可された新しい添加物。有機塩素化合物。砂糖の600倍の甘さがあるためダイエット甘味料として使われている。スクラトースをラットに与えた実験では 脾臓と胸腺のリンパ組織に委縮が見られた。また妊娠ウサギに与えた実験では、死産例や流産が一部で観察された。弱い突然変異がある。有機塩素化合物は、自 然界にはほとんど存在せず、人間の体内でもほとんど分解されない。したがって、ホルモンなどに影響がないか心配される。

甘味料(ステビア)  ★★★

天然甘味料。EU委員会は、ステビアが体内で代謝してできる物質(ステビオール)が動物実験で不妊・避妊作用などの妊娠障害が認められたという理由で使用が認められていない。香港やシンガポールでも使用が認められていない。

甘味料(ソルビトール)  

果実や海藻などに多く含まれる甘味成分で、工業的にはデンプン、麦芽糖、ブドウ糖などから生産されているため毒性はほとんどみられない。しかし、人間が1日に50g以上摂取すると腸から吸収さにくくなり下痢を起こすことがある。

甘味料(D-リボース)  ★★

細菌のバチルス・プラミス・バチルス・サブティスによるD-グルコースの発酵培養液より分離して得られたもの。その由来から毒性はほとんどない。

甘味料(ネオテーム)  ★★★★

アミノ酸由来の高甘味度甘味料。代謝の際に、ホルムアルデヒドが生成され、動物実験ではてんかんや脳への障害を引き起こす結果がみられた。

【き】

・キシロオリゴ糖

甘味料参照


【く】

・グァーガム

増粘剤参照

クエン酸  

一括表示が認められているが、物質名が表記されることもある。もともとは食品に含まれている酸なので安全性に問題はない。

クエン酸Na  ★★

クエン酸にNaを結合させたもの。安全性に問題のあるデータは見つからない。

・クチナシ色素

​着色料参照

グリセリン  

脂肪は、脂肪酸とグリセリンが結合したものである。したがって、多くの食品にはグリセリンが含まれることになる。動物実験では急性の毒性はほとんど認められない。

グルコン酸Ca  ★★

調味料のL-グルタミン酸Naが食品添加物に使用されることが非常に多く、塩分が多く摂取されるため、それを解消するために代替品として認可された。

・グルタミン酸Na  ★★★

もともとは昆布に含まれるうまみ成分であるが味覚障害や中華料理店症候群を引き起こす可能性がある。

くん液またはスモークフレーバー  ★★★

サトウキビ、竹材、トウモロコシまたは木材を燃焼させその発生したガス成分を捕集し、または乾留してえられたもの。昔からハムやベーコンを製造する際に燻煙が行われているがくん液についてはアルデヒドなどの成分を含む恐れがあり、安全性の確認が不十分であるといえる。

 
【け】

【こ】

・香辛料抽出物  

昔から利用されているコショウやニンニクなどの香辛料から、二酸化炭素または有機溶剤で抽出して得られたもの、あるいは水蒸気蒸留で得られたもの。その由来から毒性はほとんどないと考えられる。ただし「香辛料」という表示が多いため、本来の香辛料と見分けがつかない。

・光沢剤  ★★

動 物や植物からとれる油状の物質の「ロウ」がほとんど。ロウはそうそくなどの原料などに使われる。光沢を出すことができるためグミやサプリメントの錠剤の表 面に塗られている。光沢剤は天然系のみ。いくつ使われても光沢剤とした表示されないのでなにが使われているかわからない。

光沢剤(植物ワックス)  ★★

​植物からとれる油状の物質「ロウ」。ウルシロウは漆の実から抽出されているのでアレルギーがある人は注意が必要。ただし、どれがいくつ使われていても「光沢剤」としか表示されないのでなにが使われているかわからない。

・香料  ★★

香料は100種以上あり、これらを何品目あるいは何十品目と組み合わせ、食品に特定の香りをつけるために添加される。香料の中には「イソチオシアン酸アリル」など急毒性が強く、慢性毒性が強いものも多くあるが、添加量がふつう0.01%以下と少ないので「一括表示」が認められ、何が使われているのかわからない。

香料(ミート風味パウダー)  ★★

原材料に牛や鶏、ウサギやマッコウクジラの筋肉、皮下組織、内臓から抽出し、それぞれの動物特有の香味を有するもの。

 
【さ】

酸化防止剤(チャ抽出物)  ★★

茶より水、または湯、酸性水溶液、エチルアルコール、メチルアルコール、アセトンなどで抽出して得られたもの。毒性はほとんどない。

酸化防止剤(V.E)  

色々な植物に含まれるが、今は人工的に合成されていて医薬品にも使われている。添加物として使われる場合は「酸化防止剤の目的以外でしようしてはならない」という条例がある。

酸化防止剤(V.C)  

多くの野菜や果物に含まれる。L・アスコルビン酸。ビタミンCは天然成分だが、化学構造がわかっていて人工的に合成される。

酸化防止剤(ローズマリー抽出物)  ★★

ローズマリーの葉や花より、二酸化炭素、エチルアルコールで抽出してえられたもの。またヘキサン、メチルアルコールで抽出し、溶剤で除去して得られたもの。毒性はほとんどない。

酸味料  ★★

食品に酸味を与える物質。骨の形成に悪影響を与えるリン酸などが使用されている可能性もあるが、物質名は表示されず「酸味料」と一括で表示されるので消費者にはわからない。

【し】

重曹  ★★

炭酸水素Naは昔から膨らし粉として使われてきた。他の膨張剤と組み合わせて使われることが多くベーキングパウダーの主成分である。大量に摂取すると胃に影響が見られる。

酒精  

デンプンや蜜糖を原料にして、酵母で発酵させてえられた発酵アルコール、すなわちエチルアルコールで、日本酒や焼酎などの主成分。アルコールは殺菌力があるため、食品の保存性を高めるために使われる。

焼成カルシウム  ★★

ウニ殻、貝殻、ホエイ、骨などを焼成して得られたもので、主成分は骨とホエイを原料にしたもの以外は酸化カルシウム。骨とホエイの場合はリン酸カルシウム。過剰に使用すると安全性に問題がある。

・植物ワックス

光沢剤参照

・CMC−Na

増粘安定剤参照

【す】

・スクラロース

甘味料参照

・ステビア

甘味料参照

・スモークフレーバー

くん液参照

【せ】

・セルロース

増粘安定剤参照

【そ】

増粘安定剤(セルロース)  

植物の細胞壁を構成する成分。ブドウ糖が鎖状にたくさん結合したもので、地球上でもっとも多い炭水化物。その由来から、毒性はほとんどないと考えられる。

増粘安定剤(フクロノリ抽出物)  ★★

フノリ科フクロノリの全藻より、熱水でえられた多糖類。動物実験では、長期摂取による肝臓障害がみられた。

増粘安定剤(プルラン)  

黒酵母培養液により、分離してえられた多糖類。突然変異性、毒性はほとんど認められていない。

増粘剤(アラビアガム)  ★★★

マメ科アラビアゴムノキ、またはその他の同属種の分泌液を乾燥してえられたもの。妊娠ウサギに与えた実験では、大部分のウサギが食欲不振、出血性の下痢、尿 失禁を起こして死亡した。人間ではアラビアガムを吸引して喘息や咩円を起こすとされ、アラビアガムが添加された錠剤をのんで発熱、関節痛、発疹などを起こ した人がいた。

増粘剤(グァーガム)  ★★★

マメ科のグァーの種子を原材料とする。アレルギーを起こす危険性がある。

増粘剤(CMC-Na)  ★★

植物に含まれるセルロースを原料として合成されている。ほとんど毒性はみられない。

・増粘多糖類  ★★

樹木、海藻、豆、細菌、酵母などから抽出された粘性のある多糖類で非常に多くの食品に使われている。1品目を添加された場合、物質名と用途名が併記される。しかし、2品目以上添加した場合、なぜか「増粘多糖類」と表示でよいことになっている。そのため消費者にはなにが使われているかわからない。

・ソルビトールまたはソルビット

甘味料参照

【た】

・炭酸カルシウム  

栄養強化剤。骨、貝殻、卵の殻などの成分で、石灰石や大理石などにも含まれる。毒性はほとんどない。

・炭酸Mg  ★★

​製造用剤、膨張剤。制酸薬として利用されていて、毒性はほとんどない。

【ち】

着色料(アントシアニン)  

赤キャベツ色素ともいわれる。毒性は心配ないとされる。

着色料(アナトー色素)  ★★

ベニノキ科ベニノキの種子から作られる。動物実験でも死亡例はないが、神経細胞に関係する酵素の働きを強く妨害することがわかっている。

着色料(ウコン色素)  ★★★

カレー粉の原材料となるウコンとウコン色素は別物。ウコン色素はウコンから特定の色素成分を抽出したもので、色素が濃縮されているせいか、マウスやラットに 大量に与えると死んでしまう。またえさに混ぜて自由に食べさせた場合、肝細胞がんの発生率が高くなり、下垂体腫瘍が増加した。これらの結果を見る限り安全 とはいえない。

着色料(カラメル色素)  ★★★★★

カラメル色素にはⅠ~Ⅳまであるが、カラメルⅢとⅣには発がん性のある4-メチルイミダゾールが含まれている。また突然変異性が認められているものもある。ただ表示される際に区別がないため、実際にどの種類のカラメル色素を使われているのか消費者にはわからない。

着色料(カロチノイド色素)  ★★

カロチノイド色素とは動植物に含まれる、黄、だいだい、赤を示す色素の総称で、トマト色素、パプリカ色素(唐辛子色素)、オレンジ色素、β―カロチン、アナ トー色素など多くの種類がある。したがって、この表示からは具体的な色素はわからない。カロチノイド色素の多くは安全性に問題はほとんどないが、アナトー 色素のように多少問題のあるものもある。

着色料(クチナシ色素)  ★★★★★

クチナシの果実より得られたもの。動物実験では酵素の働きを妨げたり、血液に異常があらわれたりした。抗体産性能に影響を与える可能性もある。

着色料(銅葉緑素・銅クロロフィル)  ★★

植物に含まれるクロロフィルに銅を結合させたもの。毒性は認められていない。

着色料(パプリカ色素)  

パプリカから抽出して得られたもの。その由来から、毒性はほとんどないと考えられる。

着色料(ビートレッド)  

西洋赤蕪の根茎より搾汁したもの。または水、酸性水溶液、もしくはエチルアルコールで抽出して得られたもの。毒性はほとんどない。

着色料(フラボノイド)  ★★

鉄などと金属反応し色が変色(黒く濁る)する。茶色に着色するために使用する。

着色料(ベニコウジ色素)  ★★

天然着色料。肝臓への影響が懸念される。毒性は低いが突然変異性が認められている。

着色料(ベニバナ色素)  ★★

ベニバナの花、またはこれを発酵、もしくは酵素処理したものより黄色素を除去したあと、弱アルカリ水溶液で抽出し中和したもの。染色体異常を弱いながら起こす。

着色料(マリーゴールド色素)  ★★

キク科のマリーゴールドの花より、ヘキサンで抽出して得られたもの。主色素はキサントフィル。毒性はほとんどない。

着色料(野菜色素)  ★★

天然着色料。肝臓への影響が懸念される。毒性は低いが突然変異性が認められている。

・チャ抽出物

酸化防止剤参照

調味料(アミノ酸等)  ★★

「アミノ酸等」とは、グルタミン酸のこと。よくイノシン酸やグアニル酸などと一緒に用いられるため、このような表示になっている。グルタミン酸は大量に摂取すると「中華料理症候群」と知られる健康障害を引き起こす。また製造過程で遺伝子組み換え技術が使われている。

調味料(無機塩)  ★★

無機塩系の塩化カリウムを使用。毒性はほとんどないが大量摂取した場合、顔面や首、腕にかけてしびれや灼熱感、さらに動悸やめまいなどの症状があらわれることがある。

 
【つ】
【て】

・D−リボース

甘味料参照

【と】​​

・銅葉緑素・銅クロロフィル

着色料参照

トレオニン  

栄養強化剤。必須アミノ酸のひとつ。

トレハロース  

麦芽糖を酵素によって処理してえられたもの。あるいは、酵母またはある種の細菌の培養液や菌体から水またはアルコールで抽出して酵素によって分解されえられたもの。自然の糖質に近いので、毒性はほとんどないと考えられる。

【な】

ナイアシン  

発色剤助剤として使われる。抗生物質のひとつ。一括表記なのでどの物質が使われる不安点として発色剤との相乗毒性があげられる。

ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)  

栄養強化剤。ニコチン酸はビタミンの一種。

軟化剤  ★★

チューインガムを柔らかく保つために使われる添加物及びその製剤。

【に】

・ニコチン酸アミド

ナイアシンアミド参照

二酸化ケイ素  ★★★

固結防止剤。ビールや清酒の醸造物や食用油、醤油などのろ過に使われる。また粉末調味料などがだまにならないように使われる。

乳化剤  ★★

水と油をまじりやすくするもの。乳化剤には合成と天然がある。「乳化剤」と一括表示されるため消費者には具体的な物質名がわからない。骨の形成に悪影響を与えるリン酸などが使われている可能性がある。

乳化剤(リン酸一水素カルシウム)  ★★

使用は食品の製造または加工上必要不可欠な場合、また栄養目的に限る。

乳化剤(レシチン)  

植物に由来するので毒性はほとんどない。

乳酸Ca  

栄養強化剤。動物実験では毒性はほとんど見られない。その由来からも安全性は高いと考えられる。

【ぬ】
【ね】

粘着防止剤(マンニトール)  

海藻やキノコに多く含まれる甘味物質。工業的には砂糖や果糖から合成されていて砂糖の60%の甘味がある。毒性はほとんどない。

【の】
【は】

・パプリカ色素

着色料参照

バリン  

栄養強化剤。必須アミノ酸のひとつ。

パントテン酸Ca  

栄養強化剤。パンテトン酸はビタミンの一種でそれにCaが結合したもの。その由来からも安全性に問題はない。

【ひ】

ビタミンB2  

着色料。栄養ドリンクの黄色い色はビタミンS2によるもの。

ビタミンB6  

栄養強化剤。合成添加物。

ビタミンP  

栄養強化剤。水溶性ビタミン様作用物質でフラボノイド(色素)の総称。

ビタミンB12  

赤いビタミン。赤血球が成熟する段階で必要な物質。

・ビートレッド

着色料参照

【ふ】

・V.E

酸化防止剤参照

・V.C

酸化防止剤参照

・フクロノリ抽出物

増粘安定剤参照

・フラボノイド

着色料参照

・プルラン

増粘安定剤参照

【へ】

・ph調整剤  ★★

ク エン酸やコハク酸などの酸が多く使われコンビニ弁当やおにぎりなどの保存性を高めるために使われることが多い。もともと食品に含まれる酸が多い。しかし、 骨の形成に悪影響を与えるリン酸などが使われることもあり、どれを幾つ使用しても一括表示のためどの物質が使われているのかわからない。

・ペクチン

安定剤参照

・へスぺリジン  

柑橘類の果皮や果汁、種子より、アルカリ性水溶液で抽出して得られたもの。毒性はほとんどない。

・ベニコウジ色素

着色料参照

・ベニバナ色素

着色料参照

・ペルオキシターゼ  ★★

唾液に存在する物質。

【ほ】

・膨張剤  ★★

食品をふっくらさせるためにつかわれる合成添加物の一括表示。骨の形成に悪影響を与えるリン酸などが使用される場合があるが、どれを幾つ添加しても「膨張剤」としか一括表示されないため、なにがつかわれているのかわからない。

保存料(安息香酸)  ★★★★

動物実験によると一定量を超えて摂取すると運動失調やてんかんのようなけいれんを起こして死亡する例があった。安息香酸にビタミンCを一緒に添加した場合、人間に白血病を起こすベンゼンに変化することがある。

保存料(安息香酸Na)  ★★★★

毒性が強く、安息香酸Naを含む餌をラットに食べさせた実験では、すべてが過敏状態、尿失禁、けいれんなどを起こして死亡した。また安息香酸と化学構造が似ているため、ビタミンCを一緒に添加した場合、発がん物質のベンゼンに変化する可能性がある。

・ポリフェノールオキシターゼ  ★★

酵素のひとつ。

【ま】

・マリーゴールド色素

着色料参照

・マンニトール

粘着防止剤参照

【み】

・ミート風味パウダー

香料参照

【む】
【め】
【も】
【や】
【ゆ】
【よ】
【ら】

・卵殻カルシウム  ★★

卵殻を焼成してえられたもので、主成分は酸化カルシウム。酸化カルシウムは生石灰ともいい、皮膚や粘膜に付着すると炎症を起こし、誤飲すると口や食道、胃がただれたり、脹れたりして痛みを感じる。したがって、過剰摂取すると安全性に問題があるといえる。

【り】

硫酸Mg  ★★

豆腐の凝固剤。もともと海水に含まれている。安全性に問題はない。

・リン酸一水素カルシウム

乳化剤参照

・リン酸塩Na  ★★

粘着剤。ピロリン酸四ナトリウムとポリリン酸ナトリウム。過剰に摂取すると問題がある。

・リン酸カルシウム  ★★

チーズなどの加工に使われる。関節への付着によって偽痛風の要因にもなる。

【る】
【れ】

・レシチン

乳化剤参照

【ろ】

ロイシン  

栄養強化剤。必須アミノ酸のひとつ。

・ローズマリー抽出物

酸化防止剤参照

【わ】
【を】